大阪成蹊短期大学の英語教育

グローバル化が進む社会で活躍するためには、あらゆる業種において英語運用能力の重要性が高まっています。大阪成蹊短期大学では、各学科の専門領域における技術の習得だけではなく、専門性の高い英語でのコミュニケーション力の育成にも注力しています。
共通英語科目「Active EnglishⅠ・Ⅱ」では、学科ごとの学びの内容に合わせて独自にカスタマイズしたeラーニング教材「Linc English」(リンクイングリッシュ)を活用し、学生の英語力向上を図っています。

  • 1

    eラーニング教材で
    楽しみながら
    実践的な英語が身につく

    写真

  • 2

    学科の学びに特化した
    専門性の高い英語学習で
    グローバル人材をめざす

    写真

  • 3

    スマートフォンやPCで
    いつでもどこでも
    気軽に予習・復習が可能

    写真

1.eラーニング教材で実践的な英語が身につく

イラストや動画で、実際の場面にもとづいた会話を学ぶ

eラーニング教材ならではの特徴を生かし、音読・発音・聞き取り・スピーキングなど、イラストや写真、動画をまじえて楽しみながら効果的に学習できます。
問題を解いているうちに「いつの間にか英語力が上がっていた」という学生の声も多く聞かれます。

  • 写真

    授業では一人一台タブレットPCを貸し出します。プロジェクターで教員のレクチャーを見ながら手元で操作・解答します。

  • 写真

    現実のあらゆる場面を現すイラストや動画を通し、実践的な会話表現を学ぶことができます。

  • 写真

    授業ごとに分からない単語を書き留める専用のシートを利用するため、復習もスムーズに行えます。

2.学科の学びに特化した英語を学べる

めざす職種を想定した専門性の高い英語表現を修得

大阪成蹊短期大学のLinc Englishの教材は、各学科の学びに合わせて独自にカスタマイズされています。
例えば、幼児教育学科では子どもの遊び道具や手遊び歌、調理・製菓学科では食材や調理方法についての英語表現を学ぶことができます。
グローバルな発信力を高め、将来めざすフィールドで幅広く活躍するための力を身につけます。

写真写真

3.いつでもどこでも予習・復習が可能

スマートフォンや自宅のPCから教材にアクセス

Linc Englishの教材は、スマートフォン、パソコン、タブレットPCなど各自の端末からログインが可能です。 授業の空き時間や自宅でも効率的に授業の予習・復習ができるので、自分のペースで着実に英語力を高めることができます。

写真

Pick Up! 在学生の声

「Active English」では動画や画像で実際の場面を見ながら学ぶので、わかりやすく自然と頭に入ります。しかも、「銀行で口座を開設する際の会話」など、将来の進路で役立ちそうな内容が多く、実践的な表現が学べます。簡単にスマートフォンや自宅のパソコンからいつでもどこでも勉強ができるので、予習復習にも便利です。将来仕事で海外の方と関わることになっても、物怖じせずにやりとりできるよう英語力を高めたいです。

写真

Linc Englishでは、ネイティブの発音を好きなだけ繰り返し再生できるので、発音やリスニングの苦手を解消するのに役立ちます。レッスンごとに単語リストが用意されているので、必要な単語を確実に押さえながら学べます。学科の専門教育内容とも連携しているので、普段専門科目で学んでいる内容と英語を結びつけて考えられるようになり、成長を実感しています。

写真