教員紹介

准教授

谷 俊英

TANI Toshihide

主な担当科目

社会福祉、保育実習Ⅰ、保育実習指導Ⅰ、専門演習、社会的養護Ⅱ

所属 幼児教育学科
最終学歴・学位 桃山学院大学大学院 社会学研究科 応用社会学専攻修士課程卒業・修士(社会学)
専門分野

子ども家庭福祉、社会的養護、子育て支援(ペアレントトレーニング)

主な業績(著書・論文等)
【著書・論文】
・『演習・保育と社会的養護実践』(共著)みらい,2019.
・『新・基本保育シリーズ 保育実習』(共著)中央法規,2019
・『相談援助』(共著)青踏社,2018
・『図解で学ぶ保育 社会的養護Ⅰ』(共著)萌文書林,2018
・「コモンセンスペアレンティングが養育者に及ぼす効果についての一考察―子育て意識と児童虐待予防の観点から―」(単著)『大阪成蹊短期大学紀要』第54号、85-93,2017
・「実習事前事後指導改善への取り組み(報告)」(共著)『大阪成蹊短期大学紀要』第54号、123-132,2017
・「子育て意識とコモンセンスペアレンティングの関連性についての一考察」(単著)日本福祉文化学会『福祉文化研究』Vol.25,106‐120,2016
・「児童虐待の現状から見る児童虐待予防に関する一考察」(共著)日本福祉大学 社会福祉学会『福祉研究』109号,54-62,2015
・『第3版 子ども家庭福祉論』(共著)晃洋書房、2017
・『はじめて学ぶ子ども家庭福祉論』(共著)ミネルヴァ書房、2017
・『本当に知りたいことがわかる!保育所・施設実習ハンドブック』(共著)ミネルヴァ書房,2016
・『基本保育シリーズ 保育実習』(共著)中央法規,2016
・『演習・保育と保護者への支援―保育相談支援―』(共著)みらい,2016
・『図解で学ぶ保育 社会福祉』(共著)萌文書林,2015
・「子育て支援施策の変遷と現状についての一考察」(単著)公益社団法人 大阪社会福祉士会 大阪社会福祉第20号,18-25,2014
・『演習・保育と社会的養護内容』(共著)みらい,2014

【学会発表】
・「海外視察を通してわが国の保育ソーシャルワークのあり方を考える―スウェーデン・オーストラリアの就学前教育・保育を踏まえて―」(共同発表:日本保育学会第71回大会,2018)
・「社会的養護施設の組織的取り組みによる実習指導マニュアルの作成―兵庫県施設保育士養成協議会における養成校と施設の協働―」(共同発表:日本保育学会第71回大会,2018)
・「児童虐待予防におけるコモンセンスペアレンティングの可能性に関する一考察」(共同発表:日本保育学会第71回大会,2018)
・「これからの保育ソーシャルワークのあり方 ―保育現場での活用に向けた検討―」(共同発表:第3回日本保育者養成教育学会研究大会,2019)
・「わが国の保育所における保育ソーシャルワークのあり方を考える―オーストラリア就学前教育・保育視察を踏まえて―」(共同発表:第2回日本保育者養成教育学会研究大会,2018年)
・「保育所における保育ソーシャルワークのあり方―スウェーデン就学前教育の視察を通して―」(共同発表:日本保育学会第70回大会,2017年)
・「児童虐待予防におけるコモンセンスペアレンティングの有効性」(共同発表:日本保育学会第70回大会,2017年)%0