大阪成蹊短期大学

料理で人を幸せにするプロの調理師に
調理コース

想定される仕事

ホテル・レストラン・専門店・カフェ調理師(日本・西洋・中国)、病院・福祉施設調理師、クッキングスクールインストラクター、調理師学校助手、サービススタッフ など

取得可能な資格

調理師免許(国家資格)
技術考査(専門調理師免許筆記試験合格証)、食品衛生責任者(任用資格)、サービス接遇検定準1級・2級、家庭料理技能検定®2級・3級、色彩検定

※卒業と同時に取得

調理コースの特色

01料理の基礎から応用までを網羅

調理コースの調理実習では、料理の基礎からはじまり、和・洋・中の人気メニューや
カフェ、製菓などの幅広い技術と専門知識を学びます。

02各分野の一流シェフによる
直接指導が受けられる特別授業

ミシュラン星付きレストランや人気店のシェフ、料理長による特別実習が受けられます。
各分野の一流シェフが、実際のお店のレシピを用いながら学生に直接指導を行います。


「旬彩天つちや」 土阪 幸彦氏

「リーガロイヤルホテル」藤廣 肇氏

「五感」 高橋 祥之氏

「TOOTH TOOTH」 松下 平氏

03オリジナルレシピを考案し、
コンテストで発表

自らのアイデアを表現するレシピ開発にも取り組みます。
メニューの考案から原価計算、材料発注、調理まで各自で行い、食品会社と連携したコンテストに挑戦します。

学生オリジナルレシピ『ほっこりサツマ芋のあんかけ揚げまんじゅう』
step1
レシピ作成
step2
調理・盛り付け
step3
審査員試食・評価
step4
優秀作品決定

04お客様にコース料理を提供する
「レストラン実習」
実践力が身につく

学生がレストランを運営し、実際にお客様に料理を提供する「レストラン実習」は、調理コースならでは。
献立から材料発注、仕込み、調理、開店準備、接客、片付けまで一貫して行います。現場で求められるチームワークやスピードが身につきます。

プロセスを公開!

step1
事前打ち合わせ

ホールとキッチンに分かれ、
それぞれの作業を共有します。

step2
食材確認・仕込み

使用する食材を確認し、
必要な仕込みを行います。

step3
ホール準備

オープンに備え、お客様のお席の準備を
整えます。

step4
調理スタート

いよいよレストランがオープン。
提供のタイミングに合わせて調理します。

step5
ホールとキッチンの連携

ホールと連携し、各テーブルの進行状況を
把握して仕上げを行います。

step6
お客様にご提供

最適なタイミングでお客様のテーブルに
コース料理をご提供します。

和・洋・中…様々なジャンルのコース料理に挑戦します

01専門性を深めるセレクト授業

自分の興味に合わせてより専門的な授業を選んで受講できます。

専門食品材料学
カフェ実習
応用調理実習

※その他、「フードマネジメント論」「ラッピング演習」「テーブルコーディネート実習」などがあります。

01成長を実感できる卒業作品展

2年間の集大成として、テーマ、献立すべて学生が考えて完成させます。

2020年度 卒業作品展の詳細はこちら2020年度 卒業作品展の詳細はこちら

01高い就職率と質の高い就職実績

2021年3月卒業生 就職率 業種別割合
一流ホテル・ミシュラン星付きレストランからも内定獲得
  • ●リーガロイヤルホテル
  • ●神戸ポートピアホテル
  • ●ホテルユニバーサルリゾート
  • ●ザ・リッツ・カールトン大阪
  • ●京都ホテル
  • ●阪阪神阪急ホテルズ
  • ●TOOTH TOOTH(西洋料理)
  • ●トラットリア アル・ポンピエーレ(イタリア料理)
  • ●HARBS(ケーキ・カフェ)
  • ●オペレーションファクトリー(レストラン)
  • ●京料理 本家 たん熊(日本料理)
  • ●京料理 はり清(日本料理)
  • ●エームサービス(給食)
  • ●フジオフードシステム
  • ●シダックス(給食)
  • ●日清医療食品(給食)
  • その他実績多数
短大だからこそ調理職以外の多彩な就職先
  • ●H.I.S
  • ●イオンリテール
  • ●イズミヤ
  • ●京都銀行
  • ●はるやま商事
  • ●エフ・ディー・シー・フレンズ(4℃)
  • その他実績多数
四年制大学への編入学
●大阪成蹊大学 経営学部 食ビジネスコース 3年次への編入学実績あり

ヨーロッパ海外研修

ヨーロッパ各国のトップシェフのお店を見学したり、現地の調理学校の学生と共に郷土料理の調理を学ぶ海外研修を実施。食文化はもちろん、その背景となる歴史や芸術にも触れながら学びます。

2018年イタリア食文化研修の様子はこちら2018年イタリア食文化研修の様子はこちら

学生・卒業生の声

天辰 一風さん(1年)
調理コース
鹿児島県立出水高等学校出身

ともに学ぶ仲間と過ごす毎日で
向上心が高まった。

実習をはじめとする授業全般は、未知のことを知る機会。毎回新鮮な気持ちで臨んでいます。同じ志を持つ仲間とライバル心を持つことで、向上心や探求心が増しました。また、調理技術や知識の修得だけでなく、マナーにも気を配れるようになりました。

山下 華歩さん
太閤園株式会社 勤務

調理技術だけではなく
マナーやサービスなど
幅広い知識を学べました。

和食調理場で仕込みや盛り付けを担当していますが、在学中に和・洋・中・製菓と幅広く学び、技術と応用力を身につけた経験が仕事で活きていると実感しています。サービスやマナーなど、調理に限らずさまざまな分野において手厚いサポート環境が整っている短期大学。自分のやる気次第でどこまでも成長できる2年間だと思います。

教員の声

調理・製菓学科長、調理コース主任松野 陽教授

おいしい料理が作れると人を笑顔にでき、自分にも自信が持てるようになります。授業ではコツやポイントを実演で伝えてから実習するので安心して学べます。
基礎に始まりレストラン実習や応用調理まで、無理なく高度な技術が身につくカリキュラムを整えています。また、ヨーロッパ研修旅行やレストランでの試食会、学外での体験授業など楽しさも満載。
料理やお菓子が好きという気持ちを、調理コースで、社会で活躍できる力へと発展させてみませんか。

他のコースもチェック