大阪成蹊短期大学

フードビジネスの様々な分野で活躍するスキルを身につける
フード
コーディネート
コース

想定される仕事
フードコーディネーター、ホテル・レストランのサービススタッフ
食関連企業の商品開発・メニュー開発担当者
カフェプランナー、料理教室講師 など
めざす資格

フードコーディネーター3級
レストランサービス技能検定3級、食空間コーディネーター3級
家庭料理技能検定®2級・3級、ラッピングコーディネーター、
サービス接遇検定準1級・2級・3級、販売士

※卒業と同時に取得

フードコーディネートの特色

01調理、製菓、接客サービス、食空間演出など「食」を幅広く学ぶ

フードコーディネートコースでは、フードビジネスの幅広い分野で活躍できるよう
調理・製菓の技術の修得はもちろん、接客サービス、食空間の演出、メニュー開発といった
食分野におけるトータルな学びを展開しています。

「フードコーディネーター」ってどんな仕事?

料理を作るだけでなく、食器や小物選び、盛り付け、飾り付けまで手がける食のプロ。
その仕事の場は、食品メーカーの商品開発、飲食店のプロデュース、テレビや雑誌における料理の演出など
多岐に渡ります。

当コースでは卒業時に「フードコーディネーター3級」の資格を取得できます。

02「食を魅せる」テーブルコーディネートのスキルが身につく

料理を美しく美味しそうに見せ、楽しく食事をするための食卓の演出が「テーブルコーディネート」です。
フードコーディネートコースでは、多くのテーブルコーディネート作品の制作を通して
料理・お菓子のスタイリング、食器・テーブルクロスやその他の小物選びなど、空間全体のデザインを行うセンスとテクニックを養います。

作品展への出展や
コンテストでの受賞歴も!

学生たちのテーブルコーディネート作品は、毎年さまざまな作品展に出展を行っているほか、コンテストにおいて賞も受賞しています。

2018年には、「第6回いっしょに食べようテーブルコーディネートコンテストin京都2018」で近畿支部奨励賞を受賞しました。

料理・テーブルコーディネートを
魅力的に撮影する
テクニックも学びます★

03ホテルでコース料理の
サービスに挑戦
「レストランサービス学外実習」

1・2年生の合同授業「レストランサービス学外実習」は、フードコーディネートコースならではの学び。
華やかなサービスの現場であるホテルの宴会場で、フランス料理フルコースのサービスを2年生が1年生に対して行います。
接客サービスのリアルな流れとテクニックを修得することに加え、「おもてなしの心」を身につける貴重な機会となります。

国家検定
「レストランサービス技能検定3級」の
取得を在学中に目指せる!

本来2年間の実務経験がなければ受検できない資格ですが、 本学は協会認定校のため、受検が可能です。

04食に関するトータルな知識と技術を発揮して取り組む卒業作品展

卒業制作ではこれまでの総合的な学びを結集し、テーマに沿ってセンスあふれる食空間をプロデュース。
一つひとつの料理やお菓子から、食器・テーブル周辺の飾りつけまで全てを自分たちで作り上げます。

映画の世界観を
テーブルコーディネート作品で
表現!

海外研修旅行

現地の料理学校で本場の料理やお菓子を学んだり、レストランで本場のサービスを体験したり、地元の市場を見学したり・・・さまざまな国の食文化に触れて視野を広げます。

2018年韓国研修旅行の様子はこちら

学生・卒業生の声

大槻 日菜さん(2年) ※2019年時点 甲子園学院高等学校出身

ホスピタリティあふれる実習。
向上心が芽生えました。

ホテルのテーブルマナー研修はとても印象的な授業でした。サービスを担当したのは2年生の先輩。そのホスピタリティあふれるサービスに感動しました。私も来年は先輩のようにできるよう、頑張って学ぼうと改めて思いました。将来はフードコーディネーターとして食卓を明るくするような仕事に就きたいです。

明石 夏海さん株式会社近鉄・都ホテルズ 勤務

幅広い学びを通じて選んだ
仕事だから、前向きに頑張れます。

ホテル近鉄ユニバーサル・シティでレストランのサービスをしています。テーマパークでの楽しい経験を家に持って帰れるような接客を心がけています。入学時に進路を決めていなかった私は、ホテルでの実習がきっかけでこの仕事を志望しました。興味のあることを好きなだけ学べるのは、専門学校にはない大阪成蹊短期大学の良さだと思います。

卒業後のおもな進路

ロイヤルホテル、近鉄・都ホテルズ、
山崎製パン、ABCクッキングスタジオ、
WDI JAPAN、オペレーションファクトリー、
叶匠寿庵、なかむら
ドロキア・オラシイタ、ツマガリ、
サラダカフェ、Mon cher ほか多数

教員の声

フードコーディネートコース坂根 正史教授

フードコーディネートコースは、料理が好き、お菓子が好きという学生ばかりですが、全員が料理やお菓子づくりが得意というわけではありません。
調理実習の授業では、基礎から応用まで一つひとつレべルアップしながら、専門的な知識・技術をしっかりと身につけます。
私が一番大切だと考えているのは、「楽しみながら、笑顔で料理やお菓子づくりを行う」ということ。これを学生とともに実践しながら、技術だけでなく、人として魅力的に成長してもらえるよう、全力でバックアップします。

他のコースもチェック