【生活デザイン学科】アパレル・スタイリストコース【生活デザイン学科】アパレル・スタイリストコース

アパレル・ファッションの世界では、素材やデザインに関する専門的な知識はもちろん、着る人の個性を表現するための豊かな感性が必要とされます。
イメージを形にするための知識と技術、ファッションをトータルで考える力を養い、業界を切り拓いていけるプロの人材をめざします。

Close UP!コースの特色

  • Point

    1

    ファッションの根幹をしっかりと学ぶ

    繊維の特徴や縫製技術など、ファッション全体を樹木にたとえるなら全体を支える「幹」にあたる部分を太く育てます。知識を深め、専門性を高めるカリキュラムが特徴です。

  • Point

    2

    スタイリストとしての資質を備える

    デザイン表現実習の授業では、スタイリストに求められる、自分の個性・世界観を表現するための思考法とデザイン方法を学びます。

  • Point

    3

    短期大学ならではの就職に役立つ資格

    2級衣料管理士資格や教員免許が取れるのは短期大学だからこそ。ほかにもめざせるファッション関連資格が豊富で、就職にも役立ちます。

カリキュラム

カリキュラム図

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    デザイン表現実習Ⅰ・Ⅱ

    美術や建築、自然など、服以外のものからインスピレーションを受け、デザインに落とし込む思考法を身につけます。デザイン画や服の仕様書をまとめたポートフォリオを作成し、プレゼンテーションを行う実習です。

  • 写真

    Pick Up

    2

    創作研究Ⅰ・Ⅱ

    自分の個性を発揮できるブランドコンセプトを考え、デザインからパターン作成、縫製まで、すべてを一人で創り上げます。さらに、ファッションショーの構成を考え、作品発表までの全過程を経験します。

学生の作品(卒業作品展)

今年のファッッションショーのテーマは「An Other」。それぞれの学生が作品制作、スタイリングやヘアメイク、舞台演出を通じてもう一人の自分を表現し、一人ひとりの個性をつなぎ合わせて、一つのすばらしいショーを構成しました。

Pick Up! 教員

自分の「好き」をファッションで表現し、あなただけの世界を創ろう。

デザイナーやマーチャンダイザーとしてアパレルの現場を歩んできた経験から言えるのは、上手に「作る」ことよりも、自分が好きだと思うものを「創る」ことが大切だということです。「個性」「創造性」「現代性」といったファッションデザインに欠かせない要素を中心に学ぶ授業の中で、一人ひとりの個性を伸ばすことに重点を置いて指導しています。ファッションにおける自分の個性を認識し、クリエイティブに発展させて作品を制作する学びの中で、いろいろなチャレンジをしてほしいですね。たくさんの失敗に学び、より成長してほしいと願っています。

 

伊東 義輝准教授

写真

めざす資格

2級衣料管理士資格、パターンメイキング技術検定、きもの文化検定、中学校教諭二種免許(家庭)、販売士、色彩検定、ファッションビジネス能力検定

  • ※ 定員あり。希望者多数の場合は選抜となります。
  • ※ 卒業と同時に「短期大学士」の学位が授与されます。
  • ☆ このコースは、特に□印の資格取得に重点を置いて指導しています。

取得可能な教員免許

司書教諭資格、図書館司書資格

これまでの就職先(一例)

ワールドストアパートナーズ、ポイント、パル、ベイクルーズ、カケンテストセンター大阪事務所、カケンテストセンター京都検査所、セキミキ・グループ、アバハウスインターナショナル、東京スタイル、オンワード樫山、レナウン、トリンプ・スタッフ・サービス ほか多数

大阪成蹊大学への編入学

芸術学部造形芸術学科(テキスタイル・ファッションデザインコース)ほか

Pick Up! 在学生の声 1

大好きな洋服をこれからも作り続けていきたい。

洋服が大好きだったので、洋服に関して幅広く学べるこのコースを選びました。1枚の布が、自分の引いたパターンによって服になっていく過程を学びながら制作できるのがこのコースの面白さです。学びを深め、これからもたくさん洋服を作り続けたいと考えています。

德本 ななこさん  2年生

写真

Pick Up! 在学生の声 2

将来の自分の姿を見つけることができる学校。

洋裁の実習で、自分でデザインから縫製までしてワンピースを完成させたのは初めての経験でした。こういった服づくりをしたり繊維について学んだりしたことで、ファッションに関わる知識や経験が増え、将来なりたい自分が少しずつわかってきました。興味のあることを学べ、自分のためになることが身につく学校です。

 

有馬 千晴さん  2年生

写真

Pick Up! 在学生の声 3

多くのことを学べる短期大学です。

アパレルショップの売り場の見せ方や明確な店舗のイメージを表現する「ビジュアルマーチャンダイジング」に興味を持っており勉強中です。大阪成蹊では、さまざまなファッションを学べるのはもちろんですが、多様な価値観の人と出会える場でもあります。その中で、学ぶことも大切にしています。

奥地 絵里花さん  1年生

写真

アパレル・スタイリストコースQ&A

Q

服を作る以外にはどんな授業がありますか?

流行の仕組みやファッションビジネスについて学ぶ社会学系の科目があり、アパレル業界の「企画・生産・消費」を総合的に学べます。また、ウールや綿など繊維の特徴を学ぶ授業や、色彩学の授業は、学んだ知識を普段の生活ですぐに実践できます。

Q

2級衣料管理士はどのような資格ですか?

商品の扱い方や特徴を消費者にわかりやすく説明し、消費者の声を生産者に伝えて次の商品開発に活かす、大切なパイプ役を果たす資格です。全国の短期大学でもこの資格が取れる認定校は少なく、取得すれば就職に大変有利です。

Q

スタイリストになるにはどうすればいいですか?

スタイリストにはセンスや感性はもちろん、デザインやパターンの専門知識や制作技術も求められます。また、お客様やデザイナー、パタンナーと円滑にコミュニケーションを取る力も必須です。本学では専門知識・技術と、人間力を育む教養をバランスよく学ぶことができます。