【生活デザイン学科】アパレル・スタイリストコース【生活デザイン学科】アパレル・スタイリストコース

アパレル・ファッションの世界では、素材やデザインに関する専門的な知識はもちろん、着る人の個性を表現するための豊かな感性が必要とされます。
イメージを形にするための知識と技術、ファッションをトータルで考える力を養い、業界を切り拓いていけるプロの人材をめざします。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    ファッションの根幹をしっかりと学ぶ

    繊維の特徴や縫製技術など、ファッション全体を樹木にたとえるなら全体を支える「幹」にあたる部分を太く育てます。知識を深め、専門性を高めるカリキュラムが特徴です。

  • Point

    2

    スタイリストとしての資質を備える

    デザイン表現実習の授業では、スタイリストに求められる、自分の個性・世界観を表現するための思考法とデザイン方法を学びます。

  • Point

    3

    短期大学ならではの就職に役立つ資格

    2級衣料管理士資格や教員免許が取れるのは短期大学だからこそ。ほかにもめざせるファッション関連資格が豊富で、就職にも役立ちます。

カリキュラム

カリキュラム図

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    デザイン表現実習Ⅰ・Ⅱ

    洋服をデザインするために必要な基礎テクニックを学び、スカートからジャケットなどの重衣料まで自分の個性を洋服のデザイン画で表します。最終的には仕様書としてまとめ、プレゼンテーションで自己表現します。

  • 写真

    Pick Up

    2

    創作研究Ⅰ・Ⅱ

    自分の個性を洋服で表現できる創造性豊かなスキルを身につけます。デザイン、制作、ファッションショー構成まで全過程を実践することで、将来ファッション業界で活躍するために必要な企画力、技術力を高めます。

学生の作品(卒業作品展)

卒業制作コレクションでは、2年間の集大成として、 学生一人ひとりがこだわりを持った個性豊かな衣装を披露。 知識や技術はもちろん、企画力や実行力を磨き上げ、 感動のグランドフィナーレを迎えました。

Pick Up! 教員

自分の「好き」をファッションで表現し、あなただけの世界を創ろう。

デザイナーやマーチャンダイザーとしてアパレルの現場を歩んできた経験から言えるのは、上手に「作る」ことよりも、自分が好きだと思うものを「創る」ことが大切だということです。「個性」「創造性」「現代性」といったファッションデザインに欠かせない要素を中心に学ぶ授業の中で、一人ひとりの個性を伸ばすことに重点を置いて指導しています。ファッションにおける自分の個性を認識し、クリエイティブに発展させて作品を制作する学びの中で、いろいろなチャレンジをしてほしいですね。たくさんの失敗に学び、より成長してほしいと願っています。

 

伊東 義輝准教授

写真

めざす資格

2級衣料管理士資格、中学校教諭二種免許(家庭)、パターンメイキング技術検定、色彩検定®、販売士、ファッションビジネス能力検定、きもの文化検定、学校図書館司書教諭資格、図書館司書資格

  • ※ 定員あり。希望者多数の場合は選抜となります。
  • ※ 卒業と同時に「短期大学士」の学位が授与されます。

卒業後の進路

ワールドストアパートナーズ、アダストリア、パル、ベイクルーズ、カケンテストセンター大阪事務所、カケンテストセンター京都検査所、セキミキ・グループ、アバハウスインターナショナル、東京スタイル、オンワード樫山、レナウン、ユナイテッドアローズ ほか多数

大阪成蹊大学への編入学

芸術学部造形芸術学科(テキスタイル・ファッションデザインコース)ほか

Pick Up! 在学生の声 1

衣料管理士資格を取得可能。充実の設備で創作意欲がアップします。

短期大学では取れるところが少ない衣料管理士資格が取得できることが入学の決め手に。先生方は話しやすく、困ったときにはいつでも手を差し伸べてくださいます。授業は、白紙の状態から服づくりに取り組むのは大変ですが、とてもワクワクします。施設はきれいで設備も充実しているので、通学するのが毎日楽しみです。

長谷川 実玲さん  1年生

写真

Pick Up! 在学生の声 2

ミシンの技術を高め、卒業制作で理想の服を作りたい。

服が好きで自分で作ってみたいと思っていました。オープンキャンパスに参加したところ、雰囲気の良さに引かれて大阪成蹊短期大学を志望。今まで使ったことがなかったミシンも、練習を重ねるうちに使えるようになりました。卒業制作で理想の服を作るため、もっと技術を高めていきたいです。

 

石束 莉奈さん  1年生

写真

Pick Up! 在学生の声 3

身につけたアパレルの知識を就職先でも活かしていきたい。

基礎から服づくりを学び、アパレルに関する知識を詳しく学べます。先生方は授業でも就職活動の相談でもとことん親身で情熱的。私は大手のアパレル会社に内定をいただき、そこでアルバイトをしていますが、学んだ素材知識が活かせることもしばしば。さらなる勉強と経験を重ねて、立派な販売員へと成長していきたいです。

久保 春香さん  2年生

写真

アパレル・スタイリストコースQ&A

Q

服を作る以外にはどんな授業がありますか?

流行の仕組みやファッションビジネスについて学ぶ社会学系の科目があり、アパレル業界の「企画・生産・消費」を総合的に学べます。また、ウールや綿など繊維の特徴を学ぶ授業や、色彩学の授業は、学んだ知識を普段の生活ですぐに実践できます。

Q

2級衣料管理士はどのような資格ですか?

商品の扱い方や特徴を消費者にわかりやすく説明し、消費者の声を生産者に伝えて次の商品開発に活かす、大切なパイプ役を果たす資格です。全国の短期大学でもこの資格が取れる認定校は少なく、取得すれば就職に大変有利です。

Q

スタイリストになるにはどうすればいいですか?

スタイリストにはセンスや感性はもちろん、デザインやパターンの専門知識や制作技術も求められます。また、お客様やデザイナー、パタンナーと円滑にコミュニケーションを取る力も必須です。本学では専門知識・技術と、人間力を育む教養をバランスよく学ぶことができます。