VOICE

卒業生の声

  • 写真

    子どもたちの成長を感じると、愛おしさで胸がいっぱいに。

    村松 芳恵さん

    2017年3月卒業 幼児教育学科
    八尾市立安中保育所 勤務

    幼いころから憧れていた仕事に就くことができ、現在は乳児クラスを担任しています。保育所の中でも乳児クラスは、着替えや食事など子どもたちの「できる」が日々増えていき、成長を感じられることがやりがいです。学生時代に先生方からお聞きした経験談を仕事に活かせることも多く、短期大学での学びの大切さを感じています。子どもたちの笑顔を引き出せる素敵な先生になることが、今の私の目標です。

  • 写真

    自分で献立を立てるという夢に向かって今も勉強を続けています。

    山崎 茉莉奈さん

    2016年3月卒業 総合生活学科 栄養コース
    シップヘルスケアフード株式会社 勤務

    現在は病院で勤務をしており、食事箋という医師からの指示書を基に食事の用意を行っています。量も多く、効率よく動くことが求められる仕事ですが、「早くなったね」など上司に褒めていただいたときや、他の施設のヘルプを依頼されたりすると、成長できていると実感します。将来的には自分で献立を立てられるようになり、もっと満足していただける食事を提供したいという夢があるので、今も勉強を続けています。

  • 写真

    短期大学での経験が現場でも活かされています。

    竹田 紗吏奈さん

    2017年3月卒業 総合生活学科 食物コース 調理クラス
    ホテル ユニバーサル ポート 勤務

    料理に遊び心を取り入れたりライブ調理を実施したりなど、テーマパークのオフィシャルホテルならではのエンタテインメント性があるところに魅力を感じ、就職を決めました。実際にお客様の前で調理をして、「おいしかった」と感想をいただいたときは充実感でいっぱいになります。短期大学でのレストラン実習の経験は、食材の調整や時間効率の考え方など現場でも役に立つことばかり。夢への一歩を踏み出せた場所でした。

  • 写真

    実習で学んだ接客やマナーが役立っていることを実感。

    小島 瑞稀さん

    2016年3月卒業 総合生活学科 食物コース フードコーディネートクラス
    株式会社ドロキア・オラシイタ 勤務

    焼き立てチーズタルト専門店PABLOにて、商品の発注、売上管理、アルバイトの育成など店舗運営全般を担当しています。売上が伸びないときに商品の配置や商品説明のトークに工夫をしたことが、数字として結果につながったときはうれしかったです。授業や実習でマナーをしっかりと学んだおかげで、今も自信を持って接客できています。幅広く食に関して学んだ知識を活かし、いつか自分が考えた商品を販売してみたいです。

  • 写真

    ファッションショーで見つけた自分らしさ。今でも接客に役立っています。

    有馬 千晴さん

    2017年3月卒業 総合生活学科 生活デザインコース アパレルデザインクラス
    mercibeaucoup,( 株式会社エイ・ネット) 勤務

    最初は接客に苦手意識がありましたが、先輩方にアドバイスをいただき努力を重ねるうちに、私に会いにきてくださるお客様もできました。大切にしているのは「自分らしい接客」をすること。短期大学の卒業制作展でファッションショーを創り上げた経験から学んだ「自分の個性を大切にし、チャレンジしつづける」意識が活きています。これからも多くの人にファッションで幸せを提供できるような、プロの販売員になっていきたいです。

  • 写真

    笑顔で帰られるお客様の姿に仕事のやりがいを感じます。

    泉原 小奈美さん

    2017年3月卒業 総合生活学科 生活デザインコース ファッションコーディネートクラス
    Andemiu(株式会社アダストリア) 勤務

    接客したお客様が「店員さんに相談して良かった!」と笑顔で帰られる姿を見るととてもうれしく、「この仕事を選んで良かった、もっと頑張ろう」と思います。お客様に商品説明をする際には、短期大学で学んだ繊維の性質や洋服の構造の知識を活かしながら接客を行うことで、商品の良さをお伝えしています。今後もまずは店舗で経験を積み重ね、将来は本部で、Andemiuというブランドを担える存在になりたいです。

  • 写真

    旅の楽しみを一緒に共有しあえる、そんな距離感がうれしい。

    吉岡 優花さん

    2017年3月卒業 観光学科
    株式会社阪急交通社 勤務

    現在の仕事は、お客様の要望に沿った旅行を提案するカウンター業務。電話対応から旅行に必要なクーポンの手配など、幅広い作業を行っています。提案した旅行でお申し込みをいただけたり、担当したお客様に旅行の感想をいただいたりすると、とてもやりがいを感じます。旅行業の経験がある先生の授業で学んだ実践的な知識は、入社してすぐに役立ちましたし、短期大学で多くの先生や友達と出会い視野が広がったことが、私の糧となっています。

  • 写真

    私の応対が会社の印象につながる。自信を持って仕事をしたい。

    桑野 加央里さん

    2017年3月卒業 経営会計学科
    京セラ株式会社 勤務

    京セラでは「お客様第一主義」を大きなテーマとして掲げています。今は受付を担当し、来社された方のご案内などを行っていますが、受付での応対は会社の印象にもつながりますので、常に思いやりを持った対応を心がけて業務に取り組んでいます。経営会計学科の授業では一般的なビジネスマナーもしっかり学ぶことができたので、現在の業務に活かせていますし、自信を持って仕事ができていると感じています。

  • 写真

    日々の接客では、笑顔と細やかな気遣いを心がけています。

    今西 瑞貴さん

    2017年3月卒業 グローバルコミュニケーション学科
    株式会社あさひ 勤務

    自転車の販売、修理の受付など、店舗での接客が主な仕事です。現在も簡単な修理はしていますが、ゆくゆくは自転車安全整備士の資格を取得し、スキルアップしていきたいです。短期大学ではいろいろなことに挑戦する機会を与えていただき、学びを通じて人前でも自信を持って表現し、コミュニケーションできる力が身につきました。今も日々、笑顔と細やかな気遣いを心がけて接客しています。

大阪成蹊短期大学 就職支援スタッフより

  • ・・・きめ細かいサポートで希望に応じた求人に対応・・・

    就職部では「一人ひとりと向き合う手厚いサポート」を行っています。学科ごとに就職部 スタッフが配置されており、自己分析や応募書類の作成、面接練習のアドバイスなど、学生個別の状況に応じてしっかりとサポートしています。

    学生も就職部をかなりの頻度で利用しており、学生一人が就職活動開始から終了まで平均して13回も相談に来ています。

    こうして何度も面談する中で学生はスキルを高めることができ、スタッフは各学生と何度も面談する中で学生を深く理解することができるため、各学生に合った企業を紹介したり、就職部から企業に直接学生を紹介したりすることもあります。

    人ひとりと向き合い全力でサポートしますので、安心して就職活動に向うことができます。