グローバルコミュニケーション学科グローバルコミュニケーション学科

  • 学科紹介
  • グローバルコミュニケーション学科

身体表現(ダンス)、音声表現(声優)など多彩な表現方法を学び、自らの考えを伝える演習を通して、社会で求められるグローバルなコミュニケーション能力を身につけます。

夢に挑戦する、選べる5分野のクラス

コア科目の学習では、学生一人ひとりが表現力や理解力、語学力を伸ばし、協働力と積極的姿勢を身につけ、コミュニケーション力を高めます。

写真

グローバルコミュニケーション学科の3つの特色

  • 1

    言語・身体・音声・視覚など多彩な表現方法がバランスよく学べる

  • 2

    日本や英米の文化・文学、および心理学の学びを通して、人間を深く理解し、グローバルマインドを養う

  • 3

    調査や分析、発表などを通して、課題に対して柔軟に対応できる能力を能動的に身につける

大阪成蹊短期大学の英語教育

本学独自の英語教育プログラム Active English

国際化が進む現在、専門分野・業界においてもグローバルに活躍できる語学力を身につけられるように、本学では独自の英語教育プログラムを開発しています。(2016年4月より実施)

「学びの専門性に特化した英語力」を身につける Active Englishの特長

学びの専門性に特化した英語学修
卒業後、就職をめざす各専門業界での活躍を見据えた英語コミュニケーションを身につけます。
タブレットPCを用いた双方向授業
本学にある790台のタブレットPCを活用して、教員との双方向のコミュニケーションにより理解を深めます。
いつでも自分で学修が可能
自身のスマートフォン、パソコンを使っていつでもどこでも学修できます。

カリキュラム

カリキュラム図

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    基礎発声法Ⅰ・Ⅱ

    言葉を発するために必要な知識を理解し、基礎発声力をつけるトレーニングを行います。正しい姿勢や口の動き、息の使い方を意識し、早口言葉に関するテキストなどを使い反復練習することで、明瞭な発音とアクセントを覚えます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    舞台パフォーマンス

    リズム感や音感を培い、身体全体での豊かな感情表現を身につけます。日常生活、社会においてスムーズな自己表現ができるよう、実際に舞台上でシナリオを使って役を表現し、歌や振り付けの稽古をします。

Pick Up! 教員

好奇心のままにデザインできる多彩な学びが他者を理解し、自分を表現する力になります

本学科は5つのクラスに分かれていますが、それぞれ選択科目が大半を占めるカリキュラムで、日本語も、英語も、基礎発声法も、舞台パフォーマンスも、アニメーションも、あなたの興味に応じた多彩な学びに挑戦できます。言語表現系の専任教員はもちろん、元タカラジェンヌや現役の落語家、声優、漫画家、デザイナーなど芸術表現系の講師も充実し、多彩で実践的な授業を実現。さまざまな学びを通じて、他者の良さを認め、尊重し、互いに高め合っていける、コミュニケーションが得意な人へと育みます。

学科長広滝 道代教授

写真

取得できる資格・免許状

中学校教諭二種免許(国語)、図書館司書資格、司書教諭資格、実用英語技能検定、TOEIC®、日本語教育能力検定、漢字能力検定、日本語能力試験(留学生) など

これまでの就職先(一例)

パナソニックホームエンジニアリング、タムラ製作所、大阪信用金庫、尼崎信用金庫、福邦銀行、日本郵便、ニチイ学館、生駒市図書館、青山商事、大同信用組合、ネッツトヨタ中央大阪、ミズノスポーツサービス、アルビオン、北摂総合病院、公立中学校教諭ほか多数

Pick Up! 在学生の声 1

クラスのみんなで劇を創り上げた経験と思い出は私の宝物です

大学祭はクラスで劇を企画し、私は主役として舞台に立つ経験をさせていただきました。クラスが一丸となり、みんなに支えてもらいながら舞台を創り上げた経験と思い出は私の宝物です。これからもたくさんの人と関わりながら、自身を成長させられる経験を積んでいきたいです。

西村 栞奈さん

1年生 山口県立西京高等学校出身

写真

Pick Up! 在学生の声 2

楽しいだけでなく、実践的な英会話を学んでいると実感しました

今まで受けた授業の中で特に印象に残っているのは、使用する場面を想定した英会話を学ぶ「English Conversation」です。イギリスを旅行した時、授業のおかげで切り抜けられる場面がたくさんあり、本当に使える英会話を学んでいると実感しました。

森川 瞳さん

2年生 大阪市立咲くやこの花高等学校出身

写真

Pick Up! 在学生の声 3

授業での学びも、日本人の友人と過ごす時間も素晴らしい。

私は、日本語と英語でコミュニケーションを取る力を身につけることを目標に学んでいます。日本の文化にも興味があるので、落語やおもてなしの心を学ぶ授業もとても面白いです。日本人の友達がたくさんでき、一緒に過ごす時間も良い勉強になっています。

ブイティトゥイさん

2年生 関西国際学院出身・ベトナム人留学生

写真

グローバルコミュニケーション学科Q&A

Q

声優をめざしているのですが、どんな授業を取ればいいですか?

プロから発声法や舞台表現などを直接学ぶことのできる技能系の科目の履修がお勧めです。加えて、心理学やコミュニケーション系の科目も履修することで、演じる場面の状況や心理状態などを想像できる能力の修得につながります。

Q

英語が苦手ですが大丈夫でしょうか?

各自のレベルに合った授業を受けることができるので問題ありません。また、本学科では英会話を基本とした授業が多数あり、本学オリジナル英語学修教材「Active English」を使って基礎から学べます。また、重点的に英語力をつけたい人には、学内英会話スペース「English*CELL*」があり、大手英会話教室Berlitzのネイティブ講師による英会話講義が無料で受けられます。

Q

ダンスクラスにも、アニメ・マンガクラスにも関心があるのですがクラスを超えて履修はできますか?

ダンスクラスであってもアニメ・マンガクラスの授業を基本的には、受けることができます( 「グローバルコミュニケーション演習」などのゼミを除く)。また、幅広く知識や技能を得るために積極的に様々な科目を履修することをお勧めします。