栄養学科栄養学科

高齢化や生活習慣病の増加とともに、食と健康への関心が高まっている今、栄養学の視点から人の健康に役立てる「栄養士」「栄養教諭」の活躍がますます期待されています。専門家として求められる知識と実践力、さらに社会人として必要な教養を基礎から学びます。

栄養学科の3つの特色

  • 1

    少人数制の実験・実習で基礎からしっかり学べる

  • 2

    豊富な実習で、現場で役立つ力を養う

  • 3

    卒業と同時に栄養士免許を取得できる

大阪成蹊短期大学の英語教育

本学独自の英語教育プログラム Active English

国際化が進む現在、専門分野・業界においてもグローバルに活躍できる語学力を身につけられるように、本学では独自の英語教育プログラムを開発しています。(2016年4月より実施)

「学びの専門性に特化した英語力」を身につける Active Englishの特長

学びの専門性に特化した英語学修
卒業後、就職をめざす各専門業界での活躍を見据えた英語コミュニケーションを身につけます。
タブレットPCを用いた双方向授業
本学にある790台のタブレットPCを活用して、教員との双方向のコミュニケーションにより理解を深めます。
いつでも自分で学修が可能
自身のスマートフォン、パソコンを使っていつでもどこでも学修できます。

カリキュラム

カリキュラム図

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    生化学実験

    薬液反応を利用して、だ液に含まれるアミラーゼがデンプンを分解する反応を確認するなど、食べることで体内に起こるさまざまな化学反応を、実際に目で見て体感し、知識をより深めます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    栄養教育論実習Ⅰ・Ⅱ

    自分自身の食事のデータを用いて、栄養教育に必要な問題提起→計画→プログラムの実施→評価→改善計画のステップを学びます。Ⅱではグループに分かれ、チームで協力して作業を行います。

学生の作品(卒業作品展)

健康でいるために必要な食事の工夫や注意点を分かりやすく伝える教材を展示します。
実際に自分たちでつくった料理に説明を添えたコーナーと、パネルによる掲示物を制作しました。

Pick Up! 教員

人の暮らしを思いやれる栄養士になるための学びを用意しています。

食べることが好きで、食べ物と人の健康に興味がある方はぜひ本学科をのぞいてください。食品・栄養・調理・衛生、さらには人体を理解した上で「何を、どれだけ、どのように食べるか」正しく提案できる食の専門家をめざすカリキュラムを取りそろえています。食物アレルギーの原因となるタンパク質の分解実験や、赤ちゃんからお年寄りまで各ライフステージにおける調理実習など、実践的な学びや専門的な知識を通じ、何事も自分の頭で考えられる栄養士になってほしいと願っています。
本学科の「お弁当プログラム」は、栄養バランスのよいお弁当を目測で作る試みもしています。

弓岡 仁美講師

写真

取得できる資格・免許状

栄養士免許、栄養教諭二種免許、図書館司書資格など

これまでの就職先(一例)

日清医療食品、エームサービス、グリーンハウス、LEOC、シップヘルスケアフード、ナリコマエンタープライズ、一冨士フードサービス、澄鈴会箕面神経サナトリウム、社会福祉法人桃林会、社会医療法人美杉会など

Pick Up! 在学生の声 1

調理実習で新しい発見、栄養士をめざしています。

調理実習では、知らなかった材料の切り方や、おいしくなるひと手間など、多くの新しい発見がありました。難しい授業内容も、先生方が優しく指導してくださるので不安なく学ぶことができます。将来は「食事が楽しみ」と言ってもらえる栄養士になりたいと考えています。

太田 愛依さん  2年生

写真

Pick Up! 在学生の声 2

日々の努力や学修は立派な栄養士になる近道。

栄養学や臨床栄養学などの実習を通じ、その場の状況に応じて必要な物やするべきことをすばやく判断できるようになりました。また、たくさんの人と触れあうことでコミュニケーション能力も向上しました。私の夢は管理栄養士になること。大学での日々の努力や学修は夢を実現させる近道だと思っています。

上野 聡美さん  2年生

写真

Pick Up! 在学生の声 3

たくさんの人を笑顔にできる栄養士になりたい。

給食管理実習の授業では、献立づくり・材料発注・調理をすべて学生が行います。先生方に「おいしい」と食べてもらえたのがうれしかったですね。たくさんの人を笑顔にできる栄養士になるという目標に向け、これからも勉強を続けていきたいと思います

有田 実里さん  2年生

写真

栄養学科Q&A

Q

高等学校で「生物」や「化学」を履修していないのですが大丈夫ですか?

大丈夫です。講義と実験で基礎知識から身につけます。もし不安であれば、理科の内容を一通り復習しておけば、入学後の知識の修得がよりスムースです。

Q

栄養士免許以外にどのような資格が取得できますか?

小学校や中学校で食育を担う栄養教諭二種免許状の取得が可能です。食に関する正しい知識と技術を講義・実験・実習を通じてバランスよく学ぶとともに、所定の科目を履修することで栄養教諭への道も拓けます。

Q

校外実習では何をするのですか?

校外実習では、学校や保育所、病院、社員食堂などの給食施設に出向き、1カ所あたり2~3人のグループで現場の栄養士の方から指導を受けます。実際の業務を体験することにより、栄養士としての自覚が芽生えます。

Q

管理栄養士免許の取得は可能ですか?

本学を卒業後、栄養士として実務を経験することで、4年目に「管理栄養士」の国家試験受験資格が得られます。本学では卒業生を対象とした国家試験対策講座を行い、受験をサポートしています。