OSAKA SEIKEI TOPICS

  • OSAKA SEIKEI TOPICS
  • 《学内レポート》初年次教育「ファーストイヤー・セミナー」を実施

《学内レポート》初年次教育「ファーストイヤー・セミナー」を実施

2017.04.24

お知らせ

短大から

2017年4月6日(木)~8日(土)にかけて、2017年度新入生を対象に、2日間の「ファーストイヤー・セミナー」を学科ごとに実施しました。このファーストイヤー・セミナーは、同級生や上級生、そして教員との親睦を深めること、また建学の精神や行動指針を学び、大学での学びを円滑にスタートさせることを目的としています。

【調理・製菓学科】
伊賀の里モクモク手づくりファームでソーセージの手作り体験や、三重県の多種多様な食材を使用したバイキング料理を試食する研修をおこないました。研修後、調理作業における共同作業の大切さについてレポートにまとめました。

【栄養学科】
建学の精神および行動指針について学んだ後、学内オリエンテーションとして学内の施設や部署の見学を行いました。また「弁当の日で日本を変える」のテーマで全国各地を講演する竹下和男氏から、栄養士としての基本を学び、講演の感想をレポートにまとめました。

【生活デザイン学科】
西脇市の繊維工業技術支援センターや、播州織工房館を訪問し、繊維材料、染織加工、布についての知識を深め、専門科目の学びへの動機付けを高めました。また三田プレミアムアウトレットでは、衣類などのファッション製品を販売する小売店を見学し、アパレル産業の生産から消費までの仕組みを学びました。

【観光学科】
ホテル近鉄ユニバーサル・シティにて、ホテルの運営管理部長から実際の業務内容について講義を受け、活発な質疑応答が行なわれました。またユニバーサル・スタジオ・ジャパンではテーマパークのスタッフの役割について学び、その体験をレポートにまとめました。

【経営会計学科】
「大学で初めてのレポートを書く」ことを課題として、明治なるほどファクトリー大阪にて製品の製造過程を学びました。またホテル京阪ユニバーサル・タワーで、1・2年生交流ワークショップを行い、上級生から勉強の進め方や大学生活へのアドバイスがありました。新入生は「さまざまなことにチャレンジする」「コミュニケーション能力を高める」などお互いの目標を発表、共有しました。

【グローバルコミュニケーション学科】
1年生の前期授業で履修する「音声表現法」を、実際の舞台パフォーマンスから学ぶことを目的として、宝塚大劇場にてミュージカル「シカーレット・ピンパーネル」を鑑賞し、その内容に関してグループで意見発表会を実施しました。

【幼児教育学科】
各クラスごとに、建学の精神、行動指針などを学び、2年間の学びに対する目標を設定しました。また6月の初旬には、協働できる素養を培い、学生相互、教員との親睦を図る目的でレクリエーション大会や懇親会を実施します。

▼調理・製菓学科 ソーセージの手作り体験・バイキング料理の試食

▼栄養学科 竹下和男氏の講演

▼生活デザイン学科 繊維工業技術支援センター見学

▼観光学科 ホテル近鉄ユニバーサル・シティでの講義

▼経営会計学科 明治なるほどファクトリー大阪の見学 

▼グローバルコミュニケーション学科の意見発表会