OSAKA SEIKEI TOPICS

《報告》2018年度(平成30年度)入学式を挙行

2018.04.05

お知らせ

短期大学から

2018年4月1日(日)に、大阪成蹊大学、大阪成蹊短期大学の2018年度(平成30年度)入学式をグランキューブ大阪メインホールにて挙行し、本年度は大阪成蹊大学に658名、大阪成蹊大学大学院に7名、大阪成蹊短期大学に762名の新入生を迎えました。

大阪成蹊短期大学の紺野学長は、「未来に向けた努力こそ、将来の自分を決めるものであり、自分の将来をゆだねるものでもあります。現状に満足せず、安易な道を求めるのではなく、逆境に立ち向かい、若者らしく未来に自分の夢を描き、常に積極的に新しい目標を立て、昨日よりは今日、今日よりは明日と、より高いものを求める努力を続けてくだい。」と式辞を述べました。

▲紺野昇 大阪成蹊短期大学学長

続いて、幼児教育学科の河本優花さんが、新入生代表として宣誓を行いました。
その後、石井理事長・総長が祝辞を述べ、また式の最後には大阪成蹊学園後援会より新入生に記念品が贈られました。

▲石井茂 大阪成蹊学園 理事長・総長

最後に、日本センチェリー交響楽団によるクラシックコンサートが開催され、全5曲の優雅な演奏によって新入生を歓迎しました。