幼児教育学科幼児教育学科

子どもたちの目線に立ち、子どもたちの個性を伸ばす専門的な技能や、成長を見守る感性を持った保育のスペシャリストを育てます。また、実際に子どもたちと関わる学外実習などを通じて、幼児のこころとからだの発育について理解を深め、社会が求める「保育士」「幼稚園教諭」になるための素養を身につけます。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    経験豊富な教員による講義・実技指導

    保育現場での経験を持つ教員の指導で、保育について考察する講義科目と、保育者としての技能を高める実技科目をバランスよく学びます。

  • Point

    2

    実習の手厚いサポート

    実習指導室では、現場経験豊富な専任教員が常駐し、きめ細やかな個別指導を行っています。実習の悩みをすぐに相談でき、的確なアドバイスを得ることができます。

  • Point

    3

    115台のピアノときめ細かい個別指導

    115台のピアノと常時開放されている練習室があり、空き時間などに自主練習ができるほか、「音楽教育センター」を設置し、「大阪成蹊学園ピアノグレード認定制度」を設けています。ピアノの初心者から上級者までレベルに合わせた個別指導が受けられます。

カリキュラム

カリキュラム図

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    音楽

    楽譜の読み書きやリズム打ちなどの演習を行い、子どもの豊かな音楽表現活動をサポートするために必要な知識や技能を身につけます。歌唱、弾き歌い、合唱などを通じて、保育の実践に向けた音楽能力を獲得します。

  • 写真

    Pick Up

    2

    体育

    近年重要視されている乳幼児期の運動あそび。ボールやフラフープ、パラバルーンなど運動あそびで使用する用具の特性を理解しながら保育実践力を身につけます。模擬保育を積み重ね、幼児が興味・関心を示す導入・展開方法を修得します。

Pick Up! 教員

子どもたちと向き合う保育者にふさわしい「人間力」と「専門性」を身につけましょう。

乳幼児期は生涯にわたる人格形成の基礎を培う大切な時期で、子どもたちの後の人生に大きな影響を与えます。その時期をともに過ごし、成長や発達を援助する保育という仕事にはとても大きな責任とやりがいがありますが、このように大きなミッションを成し遂げるには、周りの人と協働し、チームの中で自分の持ち味を生かして役割を果たす力を持つことが不可欠です。幼児教育学科では、保育者として何よりも「人」を大切にする豊かな人間力と専門性を身につけるための学びを大切にし、そのために必要な環境とカリキュラムを整えています。

学科長榊原 志保教授

写真

めざす免許や資格

保育士資格、幼稚園教諭二種免許状、こども音楽療育士資格®、社会福祉主事(任用資格)、図書館司書資格

めざす卒業後の進路

公立・私立保育所、公立・私立幼稚園、児童福祉施設、幼保連携型 認定こども園 など

大阪成蹊大学への編入学

教育学部 教育学科 初等教育専攻 幼児教育コースのほか大阪成蹊大学各学部への編入が可能です。

  • 詳しくは、大阪成蹊大学 学生募集要項をご確認ください。

Pick Up! 在学生の声 1

実践授業を積み重ね、2年間で大きな成長を実感。

保育現場の即戦力となる実践的な学びが魅力です。模擬保育や体育、表現などの活動を通じて成長した姿を、2年連続でお世話になった実習先の先生に認めていただいたときはうれしかったです。日々切磋琢磨できるクラスメイトは信頼し合える最高の仲間。充実の2年間が待っていますよ。

河本 優花さん   2年生

写真

Pick Up! 在学生の声 2

現場をよく知る先生方の親身なサポートが心強い。

幼稚園・保育所・施設と3つの異なる現場で実習ができるので、幅広い実践力が身につきます。保育現場を知る先生方も多く、親身になってくださるので勉強や将来について気軽に相談できる心強い環境です。学外授業で経験した観劇は、表現の楽しさを学ぶ貴重な機会になりました。

高橋 愛代さん   1年生

写真

幼児教育学科Q&A

Q

ピアノの経験がなくても入学できますか?

もちろんです。本学では「大阪成蹊学園ピアノグレード認定制度」を設け、14段階のグレードで一人ひとりのレベルに応じた個人レッスンを実施しています。導入テキストを使ってピアノ演奏に慣れ親しむところから始め、バイエル、ブルクミュラー、ソナチネへとステップアップします。また、保育現場で使われる子どもの歌の弾き歌いも同時に学びます。

Q

実習期間はどのくらいですか?

幼稚園教諭免許状、保育士資格取得のため、教育実習(幼稚園・幼保連携型認定こども園)は、10日間の実習を2回、また、保育実習(保育所・幼保連携型認定こども園・児童福祉施設など)は、10日間の実習を3回、計5回の実習を行います。本学では実習先の幼稚園・保育所・幼保連携型認定こども園・児童福祉施設と密に連携し、充実した実習が行えるようにしています。

Q

卒業後の就職状況は、どのようになっていますか?

保育者養成の長い歴史と実績のある本学には、幼稚園教諭、保育士の求人が、2019年度は1,100件以上ありました。また、2011年度から2019年度にかけて、幼児教育学科の就職率は8年連続100%です。