教員紹介

講師

小林 志保

KOBAYASHI Shiho

主な担当科目

体育、体育実技、専門演習、子どもの体育


所属 幼児教育学科
最終学歴・学位 大阪教育大学大学院 教育学研究科 実践学校教育専攻修士課程修了・修士(教育学)
専門分野

教育学 運動指導論 レクリエーション 

主な業績(著書・論文等)
【著書】
・「新・保育と健康」嵯峨野書院.2018年6月.共著:三村寛一・安部恵子・その他・小林志保.pp.50-58 6章幼児の体力・運動能力テスト
・「元気な子どもを育てる幼児体育」大学教育出版.2015年4月.共著:前橋明・原田健次・その他・小林志保.pp121-125 11章からだを使った基本の運動と運動あそび 2.親子リズムダンス

【論文】
・創意的運動プログラムの実践成果に関する研究-チアエクササイズプログラムの一考察-大阪成蹊短期大学研究紀要.2019年3月.小林志保・原田健次
・保育者養成校の専門性を活かした地域貢献の試み-場面緘黙児へのワークショップ-
京都西山短期大学西山学苑研究紀要第13号.pp154-156.2018年3月.伊藤佐陽子・その他・小林志保 
・子育て支援事業における運動あそび-リズム運動あそびとヨ-ガ運動あそび・5歳児との交流を通して-京都西山短期大学西山学苑研究紀要第13号.2018年3月.小林志保・伊藤佐陽子・原田健次
・「体育実技」における望ましいカリキュラムの検討とその効果について2-模擬授業と教
育実習経験の関連性-(査読)日本幼児体育学会幼児体育学研究第9巻第1号.pp35-
43.2017年3月.小林志保・原田健次・三村寛一
・「体育実技」における望ましいカリキュラムの検討とその効果について-模擬授業におけ
るその成果-(査読)日本幼児体育学会幼児体育学研究第8巻第1号.pp15-24.2016年5月.小林志保・原田健次・三村寛一
・模擬授業が学生の気分変容に及ぼす影響-レクリエーション指導法におけるその成果-
京都西山短期大学西山学苑研究紀要第10号.pp13-27.2015年3月.小林志保・伊藤
佐陽子・原田健次
・子どもの生活習慣実態調査からの研究-生活リズムの形成と基本的生活習慣の自立に向
けての取組み-京都西山短期大学西山学苑研究紀要第9号.Pp25-47.2014年3月.
原田健次・小林志保
・模擬授業における成功・失敗体験の重要性.大阪教育大学大学院実践学校教育専攻.大阪教育大学実践学校教育学編集2013-現代の教育問題を考える18-pp17-20.2014年1月.小林志保.

【その他】
・講師-アジア幼児体育交流セミナー-幼児向けのダンス3作品を発表、実践研修.
2017年11月.中国・広州
所属学会 幼児体育学会、保育学会、乳幼児教育学会

学生へのメッセージ

「運動あそび」の楽しさを感じて欲しい、子ども達に伝える方法を知って欲しい、という思いを持って授業、研究、社会貢献活動に尽力しています。まずは保育、指導をする自分自身が楽しいこと、楽しんでいることが大切だと考えます。子どもをはじめ、対象者が楽しめる方法を考え、伝え、表現する力を身に付けましょう。