教員紹介

准教授

金 志善

KIM Jiseon

主な担当科目

宿泊業実務、マーケティング入門、観光総論、観光ビジネス論、情報処理論、情報処理演習B、海外語学演習(韓国語)、インターンシップA・B、キャリアデザイン、キャリアベーシック

所属 観光学科
最終学歴・学位 同志社大学大学院 商学研究科 博士課程修了・博士(商学)
専門分野

サービスマーケティング、消費者行動

主な業績(著書・論文等)
【論文等】
・「店舗属性が購買行動に及ぼす影響研究―ショッピング価値の調整効果―」(単著)、静岡大学人文社会科学部アジア研究センターASIAN STUDIES 『アジア研究』2018.第13号。
・「サービス製品選択に関する消費者行動―-短期大学生の海外留学選択行動の分析」(共著)、『日本観光研究学会全国大会論文集』、2016。
・「アジアの医療観光先進諸国の現状と発展要因」(共著)、東北亜観光学会『東北亜観光研究』、2016.12(3),(査読有)。
・「日中消費者の購買行動に関する研究―免税店を対象に―」(単著)、東北亜観光学会『東北亜観光研究』、2014.10(4),(査読有)。
・「CITを利用した、韓国免税店の人的サービスに関する考察」(単著)、『大韓観光経営学会』、2013.第28(1),(査読有)。
・「韓国免税店における日中消費者行動に関する実証分析」(博士論文)、2013。
・「韓国における免税産業の現状と課題」(単著)、『大韓観光経営学会』、2011.第26(4),(査読有)。
・「観光目的地としてのスローシティブランドとその意義」(単著)、『同志社大学商学論集』、2011.第45(2)。
・「観光ショッピングに対する満足度研究」(単著)、『同志社大学商学論集』、2010.第45(1)。

【学会発表等】
・2018年「消費者のサービス製品選択における自国民族主義意識の影響―フランス旅行を選択した米国人の調査分析より―」、消費者行動研究学会 第57回コンファレンス(於 同志社大学)。
・2018年「訪日中国人消費者の旅行先選択行動」、東北亜観光学会14回国際フォーラム(於 大分県・J:COM ホルトホール大分)。
・2017年「消費者の店舗選択行動に関する研究」、静岡大学人文社会科学部アジア研究センター国際シンポジウム(於 静岡大学)。
・Does consumer ethnocentrism affect the choice of service products?, The 5th TTRA APac Annual Conference, The Hong Kong Polytechnic University, Hong Kong.(2017).
・2017年「KH Coder分析を用いた旅行先選択行動に関する考察―口コミサイトを通して―」、東北亜観光学会12回国際フォーラム(於 ロシア・極東連邦大学)。
・2016年「サービス製品選択に関する消費者行動―-短期大学生の海外留学選択行動の分析」,日本観光研究学会第31回全国大会(於 江戸川大学)。
・2015年「成長する中国医療サービス市場の現状と課題」、東北亜観光学会11回国際フォーラム(於 モンゴル)。
・2014年「訪韓外国人観光者の購買行動に関する考察」、東北亜観光学会10回国際フォーラム(於 北九州国際会議場)。

【受賞・表彰】
2018年 大阪成蹊短期大学 研究部門賞

【研究資金】
・平成28~30年度 科学研究費助成事業「学術研究助成基金助成金」「 基盤研究(C)」 「消費者の親和性が旅行先に与える役割と影響 -口コミサイトの分析を通して-」(研究代表者)
・平成28~30年度 韓国保険福祉部「2016年度社会サービス研究開発事業」「余暇文化マトリックスモデルとサービスモデルの開発」(研究分担者)
・平成26-28年度 大阪成蹊短期大学特別研究費(共同研究)(研究分担者)

【所属学会】
日本観光研究学会、日本商業学会、東北亜観光学会

学生へのメッセージ

大切なのは結果ではなくプロセスです。失敗を恐れず、何でも挑戦し、自分をどんどん磨きましょう。