【調理・製菓学科】製菓コース【調理・製菓学科】製菓コース

子どもから大人まで幅広く愛されるお菓子には、人を感動させるおいしさやデコレーションはもちろん、食品としての確かな安全性が求められています。製菓コースでは、おいしいお菓子を作るための製菓技術と、食材と衛生に関する正しい知識を身につけ、在学中に製菓衛生師免許の取得をめざします。

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    製菓衛生師試験の在学中の合格をめざす

    国家資格である「製菓衛生師」の受験資格取得に対応したカリキュラムで、2年次の国家試験合格をめざします。フードスペシャリストの資格も取得可能です。

  • Point

    2

    基礎から応用まで発展的な実習

    1年次の基礎実習で製菓の基本技術を確実に身につけたうえで、2年次では技術をより高められるように、高度製菓実習や応用製菓実習を用意しています。

  • Point

    3

    製菓関連科目の充実

    色彩学やラッピングなどの関連科目を学ぶことで、お菓子の製作から商品としての販売まで、総合的に理解を深めることができます。

カリキュラム

カリキュラム図

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    製菓実習Ⅰ

    洋菓子製造に必要な基本知識・技術、衛生的で無駄のない作業工程やチームワークなどを学びます。実習では常に経過時間を意識し、計量・実習から試食・片付け・清掃・質疑応答まで効率的に取り組み、必要なスキルを磨きます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    食品衛生学実習

    食品にとって安全性は非常に重要です。授業では生鮮食品の鮮度判定、食中毒の原因となる微生物の検出など、毎回実験・実習を実施。衛生管理の重要性を学び、製菓衛生師に必要な食品衛生知識を身につけます。

学生の作品(卒業作品展)

自らデザインしたウェディングケーキを、一人一台、飴・マジパン・チョコレート細工など、2年間で修得した技術を活かし、作り上げました。

Pick Up! 教員

見て、つくって、食べて、楽しむ。 授業を五感で感じましょう。

お菓子づくりには、本やインターネットでは説明できないちょっとしたコツや注意点がたくさんあります。体験しながらでなければ説明できないそれらの情報を、五感で感じて自分のものにできる授業を展開していきます。洋菓子や和菓子、パンの特別講師を招くほかに、氷細工やバーテンダーなど、菓子以外のプロフェッショナルを招いてのカリキュラムも予定し、皆さんの引き出しを増やしていきます。今までお菓子を作ったことのない人も、食べることや作ることが大好きで、好奇心と少しの努力があれば誰かの思い出に残るお菓子を作れるようになります。一緒にお菓子づくりを学び、楽しみましょう。

コース主任沖 忠浩准教授

写真

めざす免許や資格

製菓衛生師免許、2級菓子製造技能士、フードスペシャリスト、食品衛生責任者(任用資格)、サービス接遇検定準1級・2級、色彩検定®、図書館司書資格

  • ※ 卒業と同時に「短期大学士」の学位が授与されます。

卒業後の進路

リーガロイヤルホテル、阪急阪神ホテルズ、ウェスティンホテル大阪、志摩観光ホテル、ハーブスグローイング、シャノワール、ミルフィーユ、シュゼット、かめいあんじゅ、麦の穂、Mon cher、大和果園  ほか多数

大阪成蹊大学への編入学

経営学部 経営学科 (食ビジネスコース)のほか大阪成蹊大学各学部への編入が可能です。

  • 詳しくは、大阪成蹊大学 学生募集要項をご確認ください。
  • ※ 名称変更申請予定。予定であり、変更の場合があります。 

Pick Up! 在学生の声 1

製菓だけでなく調理やラッピングも学べるのが魅力。

製菓の基礎から応用までだけではなく、調理やラッピングも学べる製菓コースを選びました。先生方の指導が熱心でていねいなのも魅力です。印象に残っているのは、学園祭でメロンパンを500個作ったこと。人見知りだった私が、多くの人と協力して大きな達成感を得ることができました。

小田 彩寧さん  1年生

写真

Pick Up! 在学生の声 2

海外研修で見学した本場の製菓が印象に残っています。

将来の選択の幅を広げたくて、専門学校ではなく短期大学を選びました。サービス業に対応する授業があるのも魅力の一つです。海外研修では本場の製菓の現場を見学する貴重な経験もできました。今は目の前の課題をクリアしていく中で、自分の可能性を増やしていきたいと考えています。

田村 穂果さん  1年生

写真

製菓コースQ&A

Q

製菓衛生師とはどのような資格ですか?

安全性の高いお菓子やパンを製造するために、公衆衛生の向上と菓子製造者の資質向上をめざす国家資格です。本コースでは、2年次に国家試験を受験できるカリキュラムを準備し、在学中の資格取得をめざします。

Q

お菓子作りの経験がなくてもついていけますか?

もちろんです。クリーム絞りや材料の量り方など、基礎から着実にステップアップできる実習内容を用意しています。

Q

実習で使う設備にはどのようなものがありますか?

製菓実習室にあるオーブンは、石窯を超える焼成が可能な、全国の有名菓子店やパン店で使用されている「バッケンスルーオーブン」です。西日本の製菓衛生師養成施設では初めてこのオーブンを導入しました。ほかにも、現場で使われているプロ使用の設備を完備しています。

Q

卒業後の就職状況はどのようになっていますか?

有名ホテルなどへの就職実績があります。本学は全学科において就職サポートが充実しており、製菓コースでも同様の徹底した個別サポートを行います。製菓コースでは、パティスリーやホテルへの就職実績があります。