【調理・製菓学科】製菓コース【調理・製菓学科】製菓コース

子どもから大人まで幅広く愛されるお菓子には、人を感動させるおいしさやデコレーションはもちろん、食品としての確かな安全性が求められています。製菓コースでは、おいしいお菓子を作るための製菓技術と、食材と衛生に関する正しい知識を身につけ、在学中に製菓衛生師免許の取得をめざします。

写真

3つの学びのポイント

  • Point

    1

    製菓衛生師試験の在学中の合格をめざす

    国家資格である「製菓衛生師」の受験資格取得に対応したカリキュラムで、2年次の国家試験合格をめざします。フードスペシャリストの資格も取得可能です。

  • Point

    2

    基礎から応用まで発展的な実習

    1年次の基礎実習で製菓の基本技術を確実に身につけたうえで、2年次では技術をより高められるように、高度製菓実習や応用製菓実習を用意しています。

  • Point

    3

    製菓関連科目の充実

    色彩学やラッピングなどの関連科目を学ぶことで、お菓子の製作から商品としての販売まで、総合的に理解を深めることができます。

カリキュラム

カリキュラム図

授業 Pick Up

  • 写真

    Pick Up

    1

    製菓実習Ⅰ・Ⅳ・Ⅶ・Ⅷ

    製菓実習Ⅰではチーム実習を中心に基本的な知識・技術を学び、Ⅳでは海外の伝統菓子のレシピなどを通じ個人のスキルアップをめざします。Ⅶでは発酵菓子など高度な技術を必要とする洋菓子を製造し応用力を身につけます。

  • 写真

    Pick Up

    2

    食品衛生学実習

    食品にとって安全性は非常に重要です。授業では生鮮食品の鮮度判定、食中毒の原因となる微生物の検出など、毎回実験・実習を実施。衛生管理の重要性を学び、製菓衛生師に必要な食品衛生知識を身につけます。

学生の作品(卒業作品展)

自らデザインしたウェディングケーキを、一人一台、飴・マジパン・チョコレート細工など、2年間で修得した技術を活かし、作り上げました。

Pick Up! 教員

見て、つくって、食べて、楽しむ。 授業を五感で感じましょう。

お菓子づくりには、本やインターネットでは説明できないちょっとしたコツや注意点がたくさんあります。体験しながらでなければ説明できないそれらの情報を、五感で感じて自分のものにできる授業を展開していきます。洋菓子や和菓子、パンの特別講師を招くほかに、氷細工やバーテンダーなど、菓子以外のプロフェッショナルを招いてのカリキュラムも予定し、皆さんの引き出しを増やしていきます。今までお菓子を作ったことのない人も、食べることや作ることが大好きで、好奇心と少しの努力があれば誰かの思い出に残るお菓子を作れるようになります。一緒にお菓子づくりを学び、楽しみましょう。

コース主任沖 忠浩准教授

写真

めざす免許や資格

製菓衛生師免許、2級菓子製造技能士、フードスペシャリスト、食品衛生責任者(任用資格)、サービス接遇検定準1級・2級、色彩検定®、図書館司書資格

めざす卒業後の進路

洋菓子店、和菓子店、パン店、ホテル業、レストラン・飲食業、サービス業、製菓工場 など

大阪成蹊大学への編入学

経営学部 経営学科食ビジネスコースのほか大阪成蹊大学各学部への編入が可能です。

  • 詳しくは、大阪成蹊大学 学生募集要項をご確認ください。

Pick Up! 在学生の声 1

お菓子づくりがもっと好きになる楽しく成長できる環境です。

授業では先生がお菓子の雑学的な知識を教えてくださるなど、勉強が楽しくなる工夫をしてくださっていて興味が深まります。大学祭の模擬店でメロンパンづくりのチームリーダーとなり、現場を取りまとめたことは貴重な経験。たくさんの人を笑顔にできるパティシエをめざし、成長していきたいです。

松並 葵さん  1年生

写真

Pick Up! 在学生の声 2

心強い仲間や先生と一緒にめざすは在学中の資格取得。

在学中に製菓衛生師の資格を取得するため、日々頑張っています。実習では周りを見て行動することを学び、その上で自分には何ができるかを考えることが今後の課題。将来は和菓子店で働きたいので、先輩や先生にアドバイスをいただいて、基礎をしっかりと身につけたいと思います。

鷹家 七海さん  1年生

写真

製菓コースQ&A

Q

製菓衛生師とはどのような資格ですか?

安全性の高いお菓子やパンを製造するために、公衆衛生の向上と菓子製造者の資質向上をめざす国家資格です。本コースでは、2年次に国家試験を受験できるカリキュラムを準備し、在学中の資格取得をめざします。

Q

お菓子作りの経験がなくてもついていけますか?

もちろんです。クリーム絞りや材料の量り方など、基礎から着実にステップアップできる実習内容を用意しています。

Q

実習で使う設備にはどのようなものがありますか?

製菓実習室にあるオーブンは、石窯を超える焼成が可能な、全国の有名菓子店やパン店で使用されている「バッケンスルーオーブン」です。西日本の製菓衛生師養成施設では初めてこのオーブンを導入しました。ほかにも、現場で使われているプロ使用の設備を完備しています。

Q

卒業後の就職状況はどのようになっていますか?

有名ホテルなどへの就職実績があります。本学は全学科において就職サポートが充実しており、製菓コースでも同様の徹底した個別サポートを行います。製菓コースでは、パティスリーやホテルへの就職実績があります。